HTBとGIH、札幌市が協働でカナモトホール(札幌市民ホール)前で花植え活動

7月21日(火)、大通公園に隣接のカナモトホール(札幌市民ホール)前で、近くに本社のある北海道テレビ(HTB)とガーデンアイランド北海道(GIH)の社員・職員及び市民ボランティアによる花植え活動が行われました。花を植えたのは直径70cmほどの大型プランター12基で、GIHの専門スタッフの指導の下、サルビア、ジニア、ペチュニアなど230株の花をおよそ1時間ぐらいで見事に植え込み、完成させました。
当日はHTBの社長さんも花植え作業に参加し、その様子はHTBのニュースでも紹介されました。
札幌市では、近年、札幌都心部の花による美化修景を目的に、大通公園周辺や札幌駅前などで地元企業や市民との協働による花植え活動を推進しており、今回の事業もその一つ。
今後、このような行政、企業、市民等の連携による花植え活動がさらに拡大していくことを期待したいと思います。