ガーデンアイランド北海道とは

「ガーデンアイランド北海道」(略称GIH)とは、北海道の自然、緑、花をテーマに、“美しい庭園の島・北海道”の実現を目指す道民運動です。私たちは、2003年からこの運動に取り組み、2008年にはこの運動の実質的スタートとなった全道イベント「ガーデンアイランド北海道2008」を開催しました。
「ガーデンアイランド北海道」では、2008年以降、この運動に賛同する全道の自然公園や都市公園、庭園、景勝地(自然景観、農村景観)を登録会場と認定し、相互連携によるネットワーク化を進めるとともに、北海道のガーデンやガーデニングの普及についての各種啓発活動や、北海道ガーデンのPR活動を行ってきました。
私たちは、今後も道民の皆様方のご支援をいただきながら、“美しい庭園の島・北海道”の実現を目指し、活動に取り組んでいきます。

取組みの経緯

今から15年ほど前、「沈みがちな今の北海道を、花と緑で元気にできないだろうか…」、という素朴な思いから、私たちは、過去に淡路や大阪などで行われた国際園芸博覧会のような大きな花の博覧会の誘致を国や道にお願いしようと考えていました。しかし、当時の厳しい財政状況の中でその実現は難しいだろうという行政側の判断と、その一方で行政に大きく依存することへの疑問、また北海道の花博のイメージはもっと違うところにあるのではないかという思いから、大きく方向転換することになりました。 すなわち、北海道全域を舞台にした、もっとスケールの大きい、北海道民が主導する参加型の花博を開催することはできないだろうか、というものです。それが、「ガーデンアイランド北海道」の最初の発想でした
その背景には、自然が豊かな北海道の風土があることはいうまでもありません。その風土を私たちは「美しい庭園の島」、すなわち「ガーデンアイランド」と呼び、花と緑で北海道を元気にしたいと願う多くの道民の力を結集し、2008年に全道を舞台に「ガーデンアイランド北海道2008」というイベントを行いました。 そして、その翌年、このイベントを通して築かれた多くの人たちとのネットワークを大切にしながら、「北海道を美しい庭園に島にする」という目標に向かって新たなスタートを切りました。
それから10年が経過しましたが、この思いはいまも変わりません。新たに生まれ変わったこのウェブサイトとともに次の10年に向けた活動を開始していきます。

ガーデンアイランド北海道の活動経緯

2003年(平成15年)
  • 北海道ガーデン博(仮称)を考える道民の集い開催(11月25日)
  • →GIH誕生
2004年(平成16年)
  • 正式事業名称が「ガーデンアイランド北海道2008」と決定(6月2日)
  • 第1回地方フォーラム 十勝フォーラム開催(7月10日)
  • 第2回地方フォーラム 函館フォーラム開催(10月15日)
2005年(平成17年)
  • プチガーデンアイランド北海道ツアー審査会(4月16日)
  • 高橋知事にガーデンアイランド2008を説明(5月9日)
  • 旭川フォーラム開催(6月18日)
  • (株)ニトリ北海道応援基金の助成が決定(7月5日)
  • カルチャーナイトに参加(7月22日)
  • JTBとタイアップしてGIHモデルツアーを実施(9月25日)
  • 釧路フォーラム開催(10月30日)
2006年(平成18年)
  • 公園から広がるまちづくり講演会共催(1月21日)
  • ガーデンアイランド北海道セッション開催(2月17日)
  • (株)ニトリ北海道応援基金の助成決定
  • ガーデンアイランド鹿追フォーラム開催(7月16日)
  • ガーデンアイランド清里フォーラム開催(8月6日)
  • 小さな庭のデザインコンクール表彰式(10月.24日)
2007年(平成19年)
  • ガーデンアイランド交流会開催2.16.12
  • 札幌駅前プロジェクト.6.12-8.31
  • ガーデンアイランド2008推進大会(GIH2008推進会議設立)(6月15日)
  • 花フェスタ2007札幌に参加6.23-7.1
2008年(平成20年)
  • 北海道花いっぱいおもてなしプロジェクトキックオフセレモニー4.22
  • GIH2008スタート(札幌、旭川、帯広い、釧路、函館、恵庭でオ―プニングイベントを開催、ガーデンブック2008発行)(4月26日)
  • 花フェスタ2008札幌に参加(6月21日~29日)
  • 「ガーデンアイランド後志フォーラム」開催(7月18日)
  • NPO法人ガーデンアイランド北海道設立(8月13日)
  • 「ガーデンアイランド・花大陸Hokkaido フォーラム in 洞爺湖」開催(11月22日)
  • 「ガーデンアイランド北海道ミーティングin しかおい」開催(7月12~13日)
  • 「ガーデンアイランド北海道2008フォーラムin きよさと」開催(8月1日~3日)
  • 千歳コア会場「マルシェ」開催(6月13日~8月3日)
  • 花のくに日本運動推進大会に協力・参加(9月11日~9月12日)
  • ガーデンアイランド北海道交流会2008開催(12月11日)
2009年(平成21年)
  • ガーデンブック2009発行(4月20日)
  • ガーデニング講習会(5月24日)
  • 早坂養之助造園功労書受賞(5月26日)
  • 北海道よりふるさと雇用再生特別推進対策事業 都市公園花観光推進業務受託(6月)
  • 「花フェスタ2009さっぽろ」西4丁目花ディスプレーコーナー出展(6月26~7月4日)
  • 「ランドスケープシンポジウム2009」後援(7月5日)
  • ガーデンアイランド北海道オフィシャルツアー開催(7月8日)
  • GIHとかち主催 「とかち・花交流フォーラム&ガーデンパーティー」開催(11月7日)
  • ガーデンアイランド北海道ミーティング2009開催(12月5日)
2010年(平成22年)
  • ガーデンアイランド北海2010(ガーデンガイドブック)発売(4月15日)
  • ふるさと雇用再生特別推進対策事業「都市公園花観光推進業務」受託(4月28日)
  • 親子里山体験活動in白老「ガーデン体験」開催(6月13日)
  • 遠軽町花のまちづくりセミナー「街に花と緑のあるくらし」企画・運営(6月13日)
  • 札幌駅南口広場ウェルカム花壇設置(7月6日〜8月30日)
  • GIH道東の会主催「GIH交流会-キラコタン岬と羊の丸焼パーティー」開催9月18日
  • 「ランドスケープシンポジウム2010」後援(10月2日)
  • 「ガーデンアイランド北海道ミーティング2010」開催(11月27日)
2011年(平成23年)
  • ガーデンアイランド北海道2011(北海道のガーデンガイドブック)発売(4月10日)
  • 「都市公園花観光推進業務」受託(4月20日)
  • 遠軽町花のまちづくりセミナー「街に花と緑のあるくらし」企画・運営(5月29日)
  • 親子里山体験活動in白老「ガーデン体験」開催(6月12日)
  • 札幌駅南口広場ウェルカム花壇設置(7月5日〜8月31日)
  • 3.11ガーデンチャリティ 呼び掛け・参加(7月9日〜)
  • 「ガーデンアイランド北海道ミーティングin十勝2011」開催(8月23日)
  • 北海道ガーデン街道(十勝編)ツアー開催(8月24日)
  • 3.11ガーデンチャリティ被災地視察報告会(9月15日)
  • 花づくり管理・ボランティア運営セミナー企画・運営(11月29日)
2012年(平成24年)
  • 「ガーデンアイランド北海道ミーティングin旭川」開催(1月28日)
  • ガーデンアイランド北海道2012(北海道のガーデンガイドブック)発売(4月20日)
  • 都市公園花観光推進業務受託(5月31日)
  • 遠軽町花のまちづくりセミナー「街に花と緑のあるくらし」企画・運営(6月16日)
  • 札幌駅南口広場ウェルカム花壇設置(6月28日〜8月22日)
  • 名寄市道立サンピラーパーク「ふるさとフェスティバル」参加(7月21日)
  • GIHツアー(北海道ガーデンショー視察・交流ツアー)開催(8月7日)
  • 全国都市緑化フェア自治体花壇出展 デザインワークショップ開催(11月~12月)
  • ガーデニングスキルアップセミナー 開催(11月27日)
2013年(平成25年)
  • 「北海道ガーデンショー報告会と今後の可能性について語る会」開催(1月26日)
  • 北海道ガーデンガイドブック2013発売(4月26日)
  • 都市公園花観光推進業務受託(5月24日)
2014年(平成26年)
  • 北海道ガーデンガイドブック2014発売(4月1日)
  • 遠軽町花のまちづくりセミナー「街に花と緑のあるくらし」企画・運営(6月7日)
  • 都市公園花観光推進業務受託(7月17日)
  • GIHガーデンツアー開催(大雪森のガーデン、旭川北彩都ガーデン)(7月18日)
  • ガーデニングスキルアップセミナー開催(3月20日)
2015年(平成27年)
  • 北海道ガーデンガイドブック2015発売(4月20日)
  • 「北海道ガーデンショー2015大雪」共同プロモーション(4月10日~12日)
  • 「北海道ガーデンショー2015大雪」プレシンポジウム共催(5月29日)
  • 秋のガーデニングスキルアップセミナー開催(10月24日)
  • ガーデン視察ツアー(8月27日)
  • 北海道ガーデンショー協賛ツアー(7月15日~16日)
  • ガーデンツーリズム意見交換会(10月28日
  • ホテルオークラ植栽事業(8月~10月)
  • 北海道ガーデンショー、北海道ガーデン街道、ガーデンアイランド北海道が国際ガーデンツーリズム賞を受賞
2016年(平成28年)
  • 北海道ガーデンガイド2016発売(4月10日)
  • ガーデニングスキルアップセミナー開催(8月6日)
  • ガーデンツアー開催(9月2日)
  • 花の景観まちづくりセミナー・GIHミーティング2016(12月1日)
  • 噴火湾パノラマパーク開業10周年記念装飾(6月~10月)
2017年(平成29年)
  • 北海道ガーデンガイド2017発売(4月1日)
  • 第1回スキルアップセミナー(7月28日)
  • 第2回スキルアップセミナー(8月19日)
  • 厚別区より「ガーデニング de お近づきみんなで一緒にまちづくり教室」を受託(4月)
  • GIHガーデンツアー開催(風のガーデンほか)(7月14日)

ミッション

ガーデンアイランド北海道では次の4つの目標を掲げ、その実現をめざす活動を展開しています。

美しい大地・北海道の創造

北海道には、美しい自然環境や農村風景など「庭園の島(ガーデンアイランド)」と呼ぶにふさわしい風土があります。しかし、その風景はまだまだ荒削りで地域によっては自然の劣化も進んでいます。「ガーデンアイランド北海道」運動の推進により、北海道の風景に磨きをかけるとともに自然の再生に取り組み、世界に誇れる美しい北海道の創出を目指します。

花と緑の観光・交流促進

近年、花や緑を求めて多くの観光客が北海道を訪れるようになりました。また、世界自然遺産の知床をはじめ優れた北海道の自然の存在から、海外からも北海道の自然の魅力が注目されています。ガーデンアイランド北海道2008では、このような北海道の花や緑、自然の魅力を国内外にアピールして、北海道らしい魅力あふれるツーリズムの推進を目指します。

緑豊かな生活文化の創造

自然、花、緑は、北海道の豊かな生活文化を築く重要なキーワードです。花と緑の環境づくりに主体的に取り組むことによって、花と緑への愛着が芽生え、私たちの生活文化に潤いや豊かさが増えていくものと考えます。そこで、これまで培われてきた北海道の風土や文化的土壌を基盤にして、北海道の環境特性や気候風土に合った、豊かな生活文化、北海道独自のガーデン文化の創造を目指します。

花と緑の人づくり

美しい庭園の島北海道を実現するためには、花と緑の仕事に携わる人たちばかりでなくそうした花や緑に興味を持つ人が今以上増えることが必要です。また、これらの人たちの知恵と技術が向上し、情報が集積され、さらにネットワークが広がることが期待されます。ガーデンアイランド北海道は、このような人づくりやネットワークづくりの一つの社会実験として、多方面にわたる豊かな人材の育成を目指します。

登録会場

ガーデンアイランド北海道(GIH)では、GIH活動の趣旨に賛同いただいた全道の公園や庭園、景観地域をGIHの登録会場として認定しております。2018年度は92か所の会場が登録されました。 登録された会場は、GIHのガーデン会員として、ホームページやパンフレットで紹介するとともに、登録会場相互の連携を図り、北海道における花と緑のネットワークづくりを進めています。

会員・サポーター

ガーデンアイランド北海道は、“美しい庭園の島・北海道”を目指す道民運動です。特定の業界団体などが主導して進める運動ではなく、あくまで道民一人ひとりの力が結集されて実現する運動です。そのため、当NPOには次の会員制度があり、さまざまな形で活動に参加いただいています。
1.正会員(当NPO活動の中核となる個人、団体で構成されています。総会での議決権を有します。)
2.賛助会員(GIHサポーターと呼び、ガーデンアイランド北海道の取組みを応援してくれる個人や企業・団体で構成されています。総会での議決権はありません。)

【会費】(1年間)

1.正会員
•個人 一口 10,000円
•法人及び団体 一口 30,000円
2.賛助会員
•個人サポーター 一口 2,000円
•法人・団体サポーター 一口 10,000円

組織

NPO法人ガーデンアイランド北海道は、2007年8月にガーデンアイランド北海道運動の推進母体として設立され、今日に至っています。その前身は、2003年11月に設立した「ガーデンアイランド北海道2008を実現する会」です。 NPO法人ガーデンアイランド北海道は、2019年3月末現在、正会員、賛助会員(GIHサポーター)あわせて120会員が登録されています。正会員で構成される総会が最高決議機関ですが、主要な事業の企画・運営は理事会で決定され、進められています。

NPO法人ガーデンアイランド北海道 役員名簿(順不同)
令和3年5月26日改定

【理事長】内倉真裕美  ブレインズ代表
【副理事長】大塚 英典  株式会社ドーコン理事
【理事/事務局長】有山 忠男  株式会社ライヴ環境計画代表取締役)
理事】赤嶺太紀子  高野ランドスケーププランニング株式会社取締役
【理事】木村  篤  道路建設株式会社取締役副社長
【理事】嘉屋  幸浩  一般社団法人北海道造園緑化建設業協会会長
【理事】三島 敬子  NPO法人FIT北海道会議理事長
【理事】三石 浩司  有限会社コテージガーデン代表取締役

【理事】愛甲  哲也       北海道大学大学院農学研究院准教授
【理事】中山美樹子      フリーランス
【理事】福原 賢二        一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会北海道支部長
【理事】牧野ふみよ      NPO法人Green Works 代表
【理事】笠  康三郎      有限会社緑花計画代表取締役

【監事】黒田 秀徳  一般社団法人北海道開発協会開発調査総合研究所
【監事】村上 恒久  株式会社環境緑地研究所代表取締役

事務局

〒060-0002
札幌市中央区北2条西13丁目1-10 札幌第一会計ビル3階
電話 011-213-1865  ファックス 011-213-1866
e-mail:info@gih2008.com