12月「道立公園花会議」を振り返って

12月の花会議にお越しいただいたみなさん、たいへんありがとうございました。今年度の花会議は終了となりますが、来年もよろしくお願いします。なお、真駒内公園では2月まで行いますので興味のある方は是非ご参加ください。

□北海道立 道南四季の杜公園
■日 時/平成21年12月3日(木)PM1:00〜2:30
■内 容/「樹木管理について」

樹木は草花のように一気に大きくはなりませんが、気がつくと大変な状態になることが多々あります。だから、普段からの整枝、剪定がとても大事。また、花や実をつける種類は時期を間違うと花が咲かないなんてことも起こります。今回は、木の手入れについて、基本的なことを知っていただくと同時に、みなさんに実際に手を入れていただきました。

□北海道立 噴火湾パノラマパーク
■日 時/平成21年12月4日(金)PM1:30〜3:00
■内 容/「パノラマパークの花畑イメージづくり」

来年作る予定となっているハーブガーデンに導入する花の種類と配置について、前回までに出された意見をもとにたたき台を提示し、みなさんと確認作業を行っていきました。また、来年度の活動についても話し合いを行いました。これで、準備はOKです。あたたかくなれば、みなさんと花壇を作っていくことになります。どんなものができ上がるか楽しみですね。

□北海道 子どもの国
■日 時/平成21年12月8日(火)PM1:30〜3:00
■内 容/「宿根草花壇と、周辺条件からデザインを考える」

今回はガーデンデザインの大きな流れに沿った話しで、具体的には「計画地の条件を把握する」「イメージを固める」「計画を立てる」「施工する」「維持管理」などについて、それぞれ事例を交えながら説明しました。デザインするときは一部だけを見るのでなく、建物を含む全体を見通して考えるとよい結果が生まれるかもしれません。また、来年植栽予定の花壇についても説明を行いました。

□道立 野幌総合運動公園
■日 時/平成21年12月10日(木)PM1:30〜3:00
■内 容/「ガーデンデザインの基礎」

今回の花会議には倶知安町からの団体さんも含めて31名もの方が参加してくれました。庭をデザインする際の基本的な事項について説明しました。フラワーマスターさんも結構いらっしゃったので、街中を緑化する際の参考にしていただければと思います。花を植える前にいろいろなことを考えておくと、ずっとよく見える、ということが伝われば幸いです。

□道立 ゆめの森公園
■日 時/平成21年12月11日(金)PM1:30〜3:00
■内 容/「今年度のふりかえりと来年度の準備について」

今年の活動についてみなさんと振り返り、来年の活動について意見を伺いました。
「花の見学会を行いたい」、「プランターなどを使ったアレンジメントもやってみたい」などのお話が出ました。春からほとんど休まず出席してくれた方もおり、大変ありがたいことです。最後は、みなさんにミニコニファーを使ったクリスマスツリーを作成していただきました。

□北海道立 サンピラーパーク
■日 時/平成21年12月15日(火)PM1:00〜3:30
■内 容/「枝や実でつくるクリスマスリース作り」

GIH理事(コテージガーデン代表)の梅木あゆみが講師を務め、リース作りを行っていただきました。みなさんにはリース作りの際のポイントが的確に伝わっていたのではないでしょうか。土台に生の枝を使った自然な感じと、全体を引き立たせる大きなリボンがとても効果的で、売り物になりそうな出来栄えばかりでした。身近な自然素材を使ったもの作りは、できた時の充実感もひとしおです。

□道立 宗谷ふれあい公園
■日 時/平成21年12月16日(水)AM10:30〜12:00
■内 容/「鉢花の室内管理」

冬の室内は乾燥が激しく、部屋ごとに温度も違うので、鉢花や観葉を飾るには的確な種類の選択と環境に合わせた管理が大切です。今回は、冬の長い稚内の室内での管理の方法についてお話ししました。

« »