野幌、稚内の花会議

みなさんこんにちは。

事務局のかわむらです。
私が担当しています公園の7~8月に行った花会議について、
少しお伝えします。

野幌総合運動公園

7月はハギの挿し木を行いました。
一般の方は少人数でしたが、公園の作業員の方も一緒に行って頂きました。
ご参加頂いたみなさんには本当に感謝しております。
来年少しでもその苗を公園に戻したいです。

8月は総合体育館そばの草地に北海道に自生する植物を植えていることもあり、
雪印種苗㈱で自生植物緑化に取り組まれている
鈴木 玲さんにお話をして頂きました。
具体的な事例を中心としたお話でしたので、聞きやすかったと思います。
とても意味のあることだと思うのですが、
同時にそんなに簡単なことではないことも知りました。
お話し下さった鈴木さん、そしてご参加頂いたみなさんありがとうございました。

来月は9月20日(祝)(雨天時は25日に順延)に開催予定です。
昨年に引き続き自生植物の植栽を行います。


鈴木 玲さんのお話


昨秋植栽した場所の調査を行いました。エゾノコンギクやヤナギラン、ノコギリソウなどが健全に育っていました。

宗谷ふれあい公園

7月は宿根草花壇の初期の管理というタイトルでしたが、
除草大会になってしまいました。
当法人理事の笠も花会議に参加し、雑草の説明をいたしました。
笠さんありがとうございます。
この宿根草花壇には埋土種子が入り込んでおり、雑草対応がしばらく続きそうです。

8月は宿根草の挿し木を行いました。
地味ですが経験的に、地道なことをやって頂ける方が、大きな力になってくれます。
宿根草の挿し木の方法は、種類が多すぎて覚えきれませんが、
ポイントを押さえればある程度自分で判断できます。
今回は職員さんも行ってくれました。
今まで以上に関心を持って頂ければと思っています。
稚内はいろいろな意味で札幌と違うので、役立つと思いますし、
そのように願います。
ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

9月は秋植え球根のお話と植え込みを行います。
稚内はこちらとまったく異なる環境なので、札幌とは違うお話をする予定です。


宿根草も大きくなっていましたが、草もすごくて抜いて頂きました。
数は力です。


挿し木のようす。なんとか雨も降らずに済みました

« »