道東へ行ってきました

みなさん、こんにちは。
事務局のかわむらです。
先週の金曜日から土曜日にかけて、網走と中標津へ打ち合わせに行きました。

網走のオホーツク公園は、昨秋に植えた球根とビオラがきれいに開花していました。

宿根草もほぼ問題なく越冬していましたので、安心です。
なにせ、かなり堆肥の効いた花壇でありましたので。
コーカサスマツムシソウ(スカビオサ コウカシカ)は、
降霜直前まで盛んに生長していたようで、少し推移を見守る必要がありそうですが、
強い種類が中心に入っていますので、うまく越冬してくれたようです。

中標津のゆめの森公園は、一昨年から植えておりますので、
越冬の心配は少ないのですが、シカが出ます。

球根類を中心にいくつかが食べられていました。
イギリスのホームページでは、(庭が森の中にあったりして)
Deer Resistance Plants(シカが食べない植物)の項目が当然のように
ありますが、北海道では、まだ縁がうすい内容です。
場所によっては、きちんと意識しないといけないようですね。

最後に、道沿いの写真から、

網走はサクラが見ごろとなっていました。
(バックがあれですが・・・)
昨日かに雪が降ったそうですが、行った時も寒くてぶるぶる震えておりました。
(中標津はもっと寒く、午後4時過ぎには5℃まで下がっていました)

この写真は、小清水原生花園の展望牧舎です。
夏になると馬が放牧され、屋根には牧草類が生えてもっと雰囲気が出ます。

これは網走での写真ですが、道端に馬の親子がのんびりしていました。

今回は、中標津の養老牛温泉で宿泊しました。
大変静かで、ビジネスホテルよりずっと落ち着くことができました。

来月からはすべての道立公園で花会議を開催します。
興味のある方は是非ご参加ください。

« »