札幌駅南口広場のウェルカム花壇について

みなさん、こんにちは。GIH事務局のムラタです。
先日「全国オープンガーデン交流会 in 北海道」に参加してきました。
みなさん本当に草花が好きなんだな〜と実感できるパワフルでステキな会でした。
プロの技も間近でみることができて、大変勉強になりました!

—————————

さて、【GIH情報】でもお知らせしましたが、
現在札幌駅南口で、ウェルカム花壇を設置しています。
http://www.gih2008.com/gihinfo/?p=113

このお話があったのが、今から半年以上前のこと。
ここを利用されるみなさまに、北海道らしい緑のオアシスを提供し、
草花を身近に感じてもらいたいと、
サッポロビール株式会社」「札幌市の協力のもと
この企画が始まりました。

「都心のシンボリックな場所に花壇をつくる」ということで
GIHでは「2007年 札幌駅 花の駅プロジェクト」 「2008年 札幌駅 洞爺湖サミット花装飾」
の経験を生かしました。

この花壇では、以下のことを考えてつくりました。
……………….

●2007年2008年と「白」を基調に花壇のフレームをつくった経緯もあり、
今回も「白のフレーム」をベースに、植物を配置しています。

●植物は、「宿根草」(グラス類・ガウラ・バーベナなど風に揺れるもの)を用いて
北海道らしい爽やかでワイルド感を出しつつ、
中央に配置した白と赤の「一年草」の花で、メリハリを持たせました。

●最低限の入替にとどめるため、暑さに耐えうる植物を選定しました。
今後もこういった場所で花壇を続けていけるよう、
この場に適した植物を把握するため、約26種類の植物で構成されています。

●ポイントは高低差。
「クレマチス」で高さを演出したことでしょうか。
この「クレマチス」を鉄格子に誘引するのは、時間がかかりました。。
他の植物も「背丈の高いもの」と「低いもの」でメリハリを持たせています。

●特殊な環境のため、ご家庭で行う花壇づくりとは異なり、
暑さで植物が枯れないよう、花壇に工夫をしました。

……………….

以上のことを形にするために、
多くの方にサポートしていただきながら、
7/5深夜に設置することができました。

植物の準備や設営等、さまざまな面でご協力いただきました
株式会社 市川造園の市川さん・谷さん、
イコロの森の落神さん・石田さん・原田さん、
札幌駅前に花壇を設置するためにご尽力くださいました
サッポロビール株式会社の石原さん、
札幌市の中西さん・安齋さん、
GIHスタッフのみなさん、
多くの関係者のみなさま、本当にどうも有難うございました。

こういった貴重な経験ができて、
個人的にも、大変思い入れのある花壇になりました。

ウェルカム花壇は、8月末まで設置予定です。
これから咲き始める花もありますので、
日々の変化をたのしみに、
もしよければ足を運んでくださいね。

« »