新年明けましておめでとうございます。

新年が明けました。
景気の低迷は依然と続いており、花と緑を取り巻く社会環境も、公共事業費の削減や消費の落ち込みなどで、いまひとつ元気がありません。
花に関する行事も最近は全般的には縮小傾向で、「札幌花博」開催の見送りもその象徴かも知れません。
しかし、このような時代だからこそ、花と緑で北海道を元気にしようというGIHの役割はますます重要になるものと感じています。
花と緑でどこまで地域の活性化に貢献するかは未知数ではありますが、人間の本能として、自然を愛でる気持ちがある限り、そこに大きな可能性があるものと信じます。
北海道を元気にするために、皆様方のご期待に沿えるような活動を今年も積極的に展開して参りますので、引き続きご指導・ご支援を賜りますようお願いいたします。
(事務局長 有山忠男)

« »