新年あけましておめでとうございます。

今年は地球温暖化のせいなのか、例年よりも少雪、暖冬ぎみで、とても過ごしやすいお正月になりました。でも、冬はやはり冬らしく凍れ、雪もたくさん降ってほしいと願うのは私だけでしょうか。

冬が厳しいからこそ花に満ち溢れる春の感動があるのではと思いつつ、一方で過ごしやすいお正月を喜んでいるところあります。皆様はどのようなお正月を過ごされているでしょうか。

さて、GIHも現在の組織(NPO)が設立してから早9年が過ぎました。その間、多くの方に支えられ、毎年、ガイドブックの発行、セミナーの開催、ガーデンツアーの開催、緑化活動などに取り組んできました。

10年近くも活動を続けられたのは、北海道各地のガーデン関係者と全道のガーデンファンの方々のご支援があってのことだと思っています。

そうした皆様方のご支援に感謝しつつ、北海道のガーデンの魅力を全国のガーデンファンにもっともっと伝えていく、それが私たちのミッションであるとあらためて感じております。

北海道のガーデンは、最近、海外からも注目されているようです。その意味でも、今年はよりグローバルな観点から北海道のガーデン文化やガーデン事業について考え、発信していきたいと思っております。

小さな事務局ゆえ皆様方のご期待に十分沿えないところが多々あるかと思いますが、本年も引き続きご指導、ご協力を賜りますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

« »