寒地土木研究所(札幌)のチシマザクラが満開です。

今日(5月3日)の札幌は気温が23度まで上昇し札幌の桜は一気に開花しました。
札幌の桜の名所の一つである寒地土木研究所(国立研究開発法人土木研究所)の桜がまさに今が満開。
昭和59年6月に研究所構内の環境整備の一環で、霧多布から取り寄せた苗木200本を植えたのが始まり。
円山公園の桜も見事ですが、ジンギスカンの煙と匂いがどうもという人には寒地土木研究所のチシマザクラがおすすめ。
チシマザクラは樹高は低く横に広がる木なので、花に直接触ることができるなど鑑賞しやすく、とても親しみを覚える桜です。
連休中にぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

DSC_0622 DSC_0624

DSC_0671 DSC_0679

DSC_0652 DSC_0655

« »