北海道ガーデンショー2015大雪開幕

去る 5月30日、北海道ガーデンショー2015大雪がいよいよ始まりました。
大雪森のガーデン、上野ファーム、大雪山国立公園という性格の異なる3つのガーデンを会場とする北海道の一大ガーデンイベントです。
その前日の5月29日、大雪森のガーデンにおいてオープニングセレモニーが行われましたので、その様子をご紹介します。

セレモニー当日は好天に恵まれ、まだ雪の残る大雪山はとても美しく、その山並みを眺めながらの会場は、まさにオープニングにふさわしい最高の舞台でした。
ムックリの演奏、高橋はるみ知事のあいさつ、ガーデンショーの名誉ディレクター高野文彰氏などのあいさつの後、3月にカナダで行われたガーデンフェスティバル・オブ・ザ・イヤーの北海道での授賞式も行われ、ガーデンアイランド北海道も、北海道ガーデンショー2015、北海道ガーデン街道とともに受賞の栄に浴しました。
セレモニー終了後は会場のガイドツアーも行われました。それぞれの作品をつくった招待作家やコンペティション作家ご本人の解説も聞くことができ、とても充実したツアーでした。

オープニングセレモニーに参加して感じたことは、このイベントに北海道の多くの造園、園芸関係者が関わっていることで、まさに北海道のプロの仕事が結集したイベントでもあります。
美しい雄大な風景を見る楽しみはもちろんですが、そうしたプロフェショナルな作品に触れることの意味は大きいと思います。
そして、10月まで続くこのイベントの中で、ガーデンアカデミーという人材育成プログラムがあるのも特徴です。このイベントが、次の魅力ある作品が生まれるきっかけづくりになることを期待しています。

高野さんのあいさつの中で、次のような話が印象に残りましたのでご紹介します。
「このガーデンショーは一つの地域で行うのではなく、毎年地域を変えて行いたい。そして、その地域の人々にガーデンの魅力をもっと知ってもらい、その思想を地域に根付かせ、それを毎回続けることで北海道全体が美しい庭園の島になる、すなわちガーデンアイランド北海道が実現する」と。

北海道ガーデンショー2015大雪の会期は、5月30日から10月4日までです。

IMG_8094

IMG_7993

IMG_8035

IMG_8042

IMG_8101

IMG_8065

IMG_8021

 

 

 

 

 

« »