今年も札幌駅南口広場にウェルカム花壇を設置しました

ガーデンアイランド北海道では、今年で3年目になりますが、
サッポロビール株式会社」「札幌市」にご協力いただきまして、
札幌駅南口広場のシンボリックな場所である
札幌駅前通と交差するモニュメント(エゾマツでつくられた一対の門柱)の下に、
今年もウェルカム花壇を設置しました。

植物は、花壇設置を始めた2010年から使用している「宿根草」をメインに
「一年草」でメリハリをつけています。
今年は6/29,6/30に「全国花のまちづくり札幌大会」が開催されるため、
昨年よりも一年草を多めに配置しました。
また、柵に誘引した「クレマチス」がポイントになっています。
宿根草も多く、日々表情が変化する花壇として楽しんでいただけると思います。

●設置期間  8月22日まで
●場  所  札幌駅南口広場(札幌市中央区北5西4-4)

都心の小さなスペースではありますが
市民のみなさまや観光でお越しのみなさまに、
札幌らしいホッとできる緑の空間を
提供できればと思っております!

なお、この準備・設営にあたっては
株式会社 市川造園」「苫小牧イコロの森」「北海道ビー・ファクトリー
フローラカルチャー・イコロファーム
にご協力いただきました。

札幌駅をご利用の際には、
ぜひ見ていただけるとうれしいです。

—————————————————

ここで、設営にあたっての流れを、簡単にご紹介します!

ビニールハウスで管理されてきた植物たち。
設営の日まで、首を長〜くして待っていました。

さて、ビニールハウスから4トントラックで札幌駅まで移動してきました。
台車をつかって、設営場所まで安全に配慮しながら運びます。

設営場所の周りは、植物置場になるため、
セーフティーコーン・ロープを設置して
周囲に配慮しながら作業を始めます。

植物は数にして、190ポット近くあります!
直径30cmポットなので、大変重く、運搬は大変です。

白いフレームを設置、下には断熱材を敷いています。
ポットを配置する前に、クレマチスを柵に誘引していきます。
中央には「北海道ディスティネーションキャンペーン」モニュメントが
設置されています。

クレマチスは折れやすいため、誘引は大変気をつかう作業です。
しかし、誘引することで高さを出すことができ、
花も美しいので、ひときわ目を引く植物です。

夜遅い時間の作業となり、投光器の登場です。
お手伝いいただいたみなさんがテキパキと作業を進めてくださいました。

見事なチームワークで、重いポットも手際よく、設計図どおりに配置してくれました。
設置後、植物のバランスをみて、部分的に配置換えを行いました。
3年目となる今年は、作業をスピーディーに終えることができました。

昨年より、一年草を多めにし
明るめの黄色や白色の花・銅葉などを増やしました。
ウェルカム花壇らしさが強まるよう、長持ちする花を多めに入れています。

宿根草を減らした分、賑やかさが出せたように思っています。
お近くをお通りの際には、ぜひ見ていただけましたら嬉しいです。

« »