マクンベツ湿原のミズバショウ群生地

4月なのにまだ肌寒い日が続きますね。早く暖かくなってほしいものです。
さて、今日は石狩にあるマクンベツ湿原のミズバショウ群生地をご紹介します。
(4月22日 曇り時々晴れ)

マクンベツ湿原は石狩川の最下流の蛇行部に位置し、約130haの広い湿原で、
ハンノキ-ヨシ群落の中に道内屈指のミズバショウ群生地があります。


堤防の上からは湿原を一望できます。まだ緑はあまり感じられませが..。

毎年4月中旬から咲き始めるのですが、今年は寒さのためかまだ五分咲きといったところでした。
それでも、広い湿原の所々に白い苞(花ではなく、葉の変形したもの)の群落を
みつけることができました。


園路沿いからはミズバショウの開花がはっきり見えます。


園路の周囲ではヤナギの芽が大きく膨らんできていて、春の訪れを実感する事ができました。


ちょっとふしぎなつぼみも発見。(エゾニワトコのつぼみです)

今年はゴールデンウィークあたりが見頃かもしれません。
庭の花めぐりはまだ早いですが、自然の花めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

場所等の詳細については石狩市のホームページをご覧下さい。
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/sightseeing/sightseeing/syoukour02238.html


最後は茨戸川に浮かんでいた水鳥さんの写真です。
種類はわからず..どなたか教えて下さい!

« »