サンピラーパークで寄植えコンテナをつくりました。

みなさん、こんにちは。GIH事務局のむらたです。
先月の6/27(日)、名寄にある「道立サンピラーパーク」
ご自宅の外に飾るための寄植えコンテナ講習会を開催しましたので、
その様子をご報告しますね。

————————————

当日はあいにくの曇り空でしたが、
講習会中は晴れ間がさすなど、ほどよいお天気に恵まれました。

コンテナ用の植物は、2タイプを用意しました。
小さめの「エコ鉢」でしたので、植物はそれぞれ4種類に限定しました。

タイプAは、イソトマ(ブルー)やラミウム等をつかった「寒色系のさわやかイメージ」
タイプBは、オレガノケントビューティーやヒューケラパレスパープルをつかった
「暖色系でシックなイメージ」に。

室内で、寄植えコンテナの簡単なレクチャーをしました。
私の説明、伝わったでしょうか。。

今回使用した植物は、
涼しい北海道でも、寄植えがより長くたのしめるよう
「屋外で越冬する植物」「室内で保護すれば来年も楽しめる植物」
で構成しました。

たくさんの方に参加していただけたので、
「最初に土づくりを行うチーム」と「最初に花がら摘みを行うチーム」に分かれて作業しました。

土づくりは、各自で配合してもらいました。
GIH川村さんが用土配合を説明しているところです。
今回使用した土は、「ピートモス」「赤玉土」「完熟腐葉土」「くんたん」「火山礫」
「緩効性粒状化成肥料」「バッドグアノ(コウモリのふんからつくられた肥料)」
です。

みなさん、手際よく上手に寄植えをつくられていました!
みなさんのお家で、元気に育ってくれると嬉しいです。

今回、初めて寄植えコンテナ講師を担当させていただきました。
かな〜り緊張しましたが、みなさんの寄植えがステキだったので
担当できてよかったです!

« »