ガウラ(ハクチョウソウ)

みなさんこんにちは。
事務局のかわむらです。

5月の16、17日にかけて稚内、名寄、砂川の各道立公園へ
出張で行ってきました。
それぞれの公園では(私たちが植えたものばかりではありませんが)、
ガウラが植えられています。

ガウラはとても人気のある宿根草ですが、
あちこちで越冬した、枯れたなどの話がされています。

乾燥地を得意とする種類なので、
温かい場所でも水がたまる場所では枯れてしまいます。

それぞれの公園の様子を見てきましたので、
越冬の様子をお伝えいたします。

これは、砂川の子どもの国です。
まあ、普通に越冬する場所でしょう(マルチングで防寒もしました)。
ちょこんと出ている芽がガウラです。

名寄のサンピラーパークです。
防寒対策もしていない場所でしたが、すべて元気でした。
豪雪地帯で、雪の恵みを受ける場所ではありますが、
昨年は積雪が遅かったと思うので、数十株すべてが生き残っているのは驚きました。

これは、稚内の宗谷ふれあい公園です。
植えた場所は冬の風がすさまじく、雪が吹き飛ばされる場所です。
マルチングの防寒対策はしておりましたが、かなり飛ばされていましたので、
生き残っていてほっとしました。

名寄でも元気に残るくらいですので、防寒対策をきちんとすれば、
広い地域で使えるのかもしれません。

« »