えこりん村銀河庭園に行ってきました

9月へと入りましたが、北海道もまだ残暑が厳しく暑い日々が続きます。

しかし天気がいいなら花も綺麗に見える!ということで、
8月最後にえこりん村銀河庭園http://www.gih2008.com/list/ground.php?hall_id=27
を訪れました。
GIHの登録会場となっておりまして、これまでにもイベント情報を毎月紹介しておりました。

銀河庭園の中は30種類のテーマガーデンで構成されており、
それぞれの雰囲気にあわせて植栽された、たくさんの花を見ることができます。

ゲートハウスを抜けてすぐ、ツゲの垣根で作られた「パルテール」。

<バクサス センペルビレンス(キンメツゲ)>Buxus sempervirens
アリウムや、アガパンサス、ラベンダーが咲いていました。

現在の見頃は「ブラック&ホワイトガーデン」のダリア。

<ダリア ‘フィダルゴ・ブラッキー’>Dahlia ‘Fidalgo blacky’


<ダリア ‘セツリン(雪輪)’>Dahlia setsurin

こちらは「オーチャード」のリンゴの下。
袋につつまれたリンゴがたくさんぶら下がっています。気になります。

ほんとにいいお天気で、青空の下のガーデンは童話の世界のようでした。

歩いていると、エキナケアがどーんと咲いていたり

アメリカフヨウが風に揺れていたり

背丈より高いブロンズ・フェンネルがいます。

ノリウツギも生け垣のようにガーデン中で見られました。

「タイガーガーデン」で咲いていたのはカンナ。鮮やかで目を奪われます。
他にも極彩色の花が咲いてあでやかです。

なぜ「タイガー」かというと…

虎がいるんですね。振り返って驚きました。
がっと開いた口元が通路になっています。

「サーペンタインガーデン」では、カサブランカが芳しい香りを漂わせています。

少し離れたところに、アルパカさんがおりますので
訪れた際は是非一目ご覧ください。
この日はなんだか黄昏れていました。

お隣ガーデンセンター花の牧場にある「とまとの森」も見てきました。
頭上に広がる緑の天井は圧倒的。
色づいたとまとを思わずもぎとりたくなりますが、触ってはいけません。

こんな牧歌的な風景が見られるのもえこりん村ならでは。

花を見たり、羊を見たり、のんびり過ごせる場所ですので、
どうぞゆっくり過ごしてみてください。
花の見せ方やガーデンの楽しみ方のヒントがたくさんありそうです。

【施設のお問合せ】
お問合せ先:えこりん村事務局
〒061-1421 恵庭市牧場241-2
電話:0123-34-7800
ホームページ:http://www.ecorinvillage.com
                                  (事務局 たかや)

« »