[『北海道ガーデンショー』の報告と今後の可能性について語る集い]のご報告

みなさんこんにちは。

1月24日(木)に札幌市内のかでる2・7で、
[『北海道ガーデンショー』の報告と今後の可能性について語る集い]を開催し、
60名以上の方にご参加いただきました。
寒い中、ご参加いただきましたみなさま、どうも有難うございました。

昨年の6月2日〜10月8日に開催された北海道ガーデンショーは、
道外の観光客を中心に、道内や十勝管内からの来場者を広く集め、
20万人を超え、地域の活性化にもつながったと考えています。

北海道ガーデンショー 実行委員長 林克彦さんより、
ガーデン街道の動向や、北海道ガーデンショーの及ぼした経済効果、
今後の十勝千年の森の展開などのお話がありました。

北海道ガーデンショー ディレクター 高野文彰さんからは、
北海道ガーデンショーで目指したものや今後の可能性についての
お話をしていただきました。

北海道ガーデンショー 招待作家 白井温紀さんからは、
本州とは異なるこの場所ならではのガーデンづくりが出来たことや、
世界とのつながりを感じられるショーであったことなどを
お話していただきました。

北海道ガーデンショー 事務局長  佐藤真康さんからは、
実際にガーデンショーがどのようにして動かされたか、
広報や資金集め・安全管理などのお話をざっくばらんにしていただきました。

第二部では、北海道ガーデンショーの次のステップへ向けて可能性と課題
のお話を行いました。

パネリストと参加者の意見交換を行い、
次回の北海道ガーデンショーで不安に思っていることや、
アドバイス等をいただきました。

出された意見はホワイトボードにまとめて
みなさんに分かりやすくしました。

懇親会では、次回の北海道ガーデンショーの会場としての名乗りもあり、
大変盛況でした。

 
今後は、次回の北海道ガーデンショーに向けて、
ガーデンアイランド北海道では会合を開催するなどの
協力ができればと考えています。

« »