シンポジウム「北海道におけるガーデンツーリズムの可能性を語る」のご案内

 「北海道ガーデンショー2015大雪」がいよいよ今月530日(土)から始まります。それに先立ち、ガーデンショーのプレイベントシンポジウム「北海道におけるガーデンツーリズムの可能性を語る」が528日(木)に札幌で開催されることになりましたので、ご案内いたします。

 ガーデンツーリズムとは、地域の風土や自然をデザインしたガーデン(庭園や公園、景観地など)の魅力に触れる旅であり、欧米では最も盛んな旅行の一つになっています。北海道においても、このような旅行が一層盛んになることが期待されており、北海道ガーデンショーの開催に合わせて、その第一人者であるパスカル氏を招き、世界のガーデンツーリズムの現状などを講演していただくことになりました。

 すでにご承知の方もおられるかと思いますが、今年の3月にカナダのトロントで開催されたガーデンツーリズムネットワークの大会では、北海道ガーデンショーが、今年世界で最も注目されるガーデンショーとして表彰され、それにあわせて一連の北海道ガーデンムーブメントとして、北海道ガーデン街道、ガーデンアイランド北海道も受賞しました。パスカルさんはその国際ガーデンツーリズムネットワークの副会長を務められている方です。今回の講演では、ガーデンデザインの話にとどまらず、これからのガーデン事業の経営や利用者満足度を高める方策など幅広い内容をお話しいただける予定であり、ガーデン関係者にとっては大いに参考になるものと思います。

 また、講演会終了後は、パスカルさんはじめ関係者の交流会も計画しておりますので、多数のご参加をお待ちしております。

 

北海道におけるガーデンツーリズムの可能性を語る_ページ_1 北海道におけるガーデンツーリズムの可能性を語る_ページ_2

« »