• 北海道の花

    「カタクリ」

    山野のやや明るい林の下に生える多年草で、薄紫から桃色の花を咲かせる。春先、雪解けとともに花をつけ、初夏を過ぎると地上部は枯れだして、あとは翌年の春まで地下で過ごす草花(スプリングエフェメラル)の代表格。

    登録会場

    北海道

    2017年の登録会場は全道で100箇所、その立地環境は公園、庭園、農村、国立公園などさまざまです。ガイドブックを手に、是非あなただけの花のスポットを見つけてください。

    リンク用バナーです。ダウンロードしてご利用下さい。

    • 滝野公園 アナベルが見ごろを迎えました。

      アナベル滝野

      国営滝野すずらん丘陵公園では、今、園内で咲く約500株のアジサイ「アナベル」が見ごろになってきました。8月下旬まで楽しめます。 蕾や花の咲きはじめは淡い緑色をしていますが、花が手毬のように大きく育ってくると純白の花色に変…

      続きを読む

      大空町東藻琴の芝桜公園が見ごろです。

      IMG_1063

      オホーツク総合振興局から大空町のシバザクラの情報です。 大空町東藻琴の芝桜公園は、5月中旬から6月にかけて、10万㎡の広大な敷地がシバザクラのピンク色で染まります。 その芝桜公園、まさに今が見ごろで、これからしばらくこの…

      続きを読む

      かみゆうべつチューリップ公園 20日,21日頃が見ごろ

      DSC_0388

      湧別町の絹張氏(商工観光課長)からチューリップの情報です。 こちらは早い雪解けに期待をしていましたが、先月の極端な温度変化に気を揉む日々にも何とか咲きそろい、見ごろを迎えてます。 チューリップは今のところ5分咲といったと…

      続きを読む