• 北海道の花

    「カタクリ」

    山野のやや明るい林の下に生える多年草で、薄紫から桃色の花を咲かせる。春先、雪解けとともに花をつけ、初夏を過ぎると地上部は枯れだして、あとは翌年の春まで地下で過ごす草花(スプリングエフェメラル)の代表格。

    登録会場

    北海道

    2017年の登録会場は全道で100箇所、その立地環境は公園、庭園、農村、国立公園などさまざまです。ガイドブックを手に、是非あなただけの花のスポットを見つけてください。

    リンク用バナーです。ダウンロードしてご利用下さい。

    • 能取湖のサンゴ草が見事に色づいています。

      サンゴ草群生地

      オホーツク振興局太田さんからの情報です。 数年前、開発などの影響で危機にさらされた能取湖のサンゴ草ですが、その後地域の人たちの再生に向けた取組みが実って、1昨年8月に復活宣言が出され、見事に以前の姿を取り戻しました。 サ…

      続きを読む

      早咲きのダリアが見ごろです。滝野公園。

      ダリア

      国営滝野すずらん丘陵公園では今、早咲きのダリアが見ごろになっています。「ダリアselection2017」として、北海道生まれの86品種を中心に合計134品種を展示しています。 その中でも顔の大きさ程の花を咲かせている …

      続きを読む

      あばしりフロックス公園・はなテントの様子です。

      IMG_1328

      オホーツク総合振興局太田さんからの情報です。 網走市のフロックス公園は、現役を引退したボランティアの方々が平成14年に山林を開墾し、天都山の一角に1000株のフロックスを植えたのが始まりです。 今では10ヘクタールに15…

      続きを読む